運輸安全マネジメント

 今年度(平成29年10月1日~平成30年9月30日)の「運輸安全マネジメント」について、昨年度による効果や反省点をチェックし、改善ポイントを整理した総括の結果、つぎのように実施することとしました。
  
   
1、  当社の「輸送の安全」のかかる取組
  
①当社の事故防止のための安全方針
  対面点呼の継続実施並びに車両管理(整備・日常点検)の徹底

 

②社内への周知方法
 文書での伝達並びに全乗務員を集めての全体会議(年4回)や、少人数でのグループ会議の推進

 

 

③安全方針に基づく目標
  無事故・無違反での運行、人身事故 0件 物損事故 0件(昨年度人身0件・物損 9件)を目標とする。
   

  飲酒運転防止
 アルコール検知器でのチェックを強化し、飲酒運転の防止を計ると共に、全従業員の意識レベルの強化をする。

 

  健康管理の強化

 毎日の健康管理チェック表と年1回の健康診断をもとに、産業医からの助言のもと、乗務員の健康状態を把握すると共に適切な対応をしていく。

 

  シートベルト着用案内の徹底

 お客様に対して、走行中のシートベルト着用をお願いする旨を、車内掲示をすると共に、案内を強化して行きます。

                                              

 

④目標達成のための計画
 上記安全方針の目標に対して、会議等においての安全確認並びに点呼時に おいての回答による安全運行をうながす。
    

 

⑤安全に関する情報交換方法
 現場の道路状況・気象状況等についてIT等利用した情報収集
 

 

⑥安全に関する反省事項

 昨年度の事故件数が人身事故0件・物損事故 6件ということで、無事故無違反を達成出来なかった。
   

 

⑦反省事項に対する改善方法

 昨年度は物損事故が多発したので、反省を踏まえて今年度は全体会議やグループ会議にて、ドラレコやデジタコを使用した交通安全指導を行い、協会等の「無事故無違反コンテスト」の活用や、社内に設けた「無事故無違反表彰制度」を活用し、社内一丸となって目標を達成したい。
   
   
    

2、 当社の行政処分等について

 

 平成28年1月21日、中部運輸局定期監査の結果、行政処分はありませんでした。

引き続き継続をして行きたい。

昨年度は監査がありませんでした。
  
    
    

3、 当社責任分担の明示

 

 当社の代表者は輸送の安全に関する最終的な責任を有する

 

社   長=安全並びに運行管理統括

統括管理者=安全並びに運行管理副統括

運行管理者=運行計画・点呼

整備管理者=車両関係の点検・整備

 

 

 

平成29年9月30日

 

代表取締役 今井 和彦

 

 


 

運輸安全マネジメントに関するお問い合わせは

0573-70-1033までお気軽にどうぞ

 

HPからのお問い合わせは

こちらから